続・リフォームに思うあれやこれや

リフォームとは

リフォームとは何か、私たちは理解しているようで本当はよくわかっていないかもしれません。
「リフォーム」の他に「リニューアル」、「修繕」、「改修」、「リノベーション」など様々な言葉を耳にします。

いずれも快適な暮らしをするために住まいを直すという意味で用いられますが、「修繕」、「改修」は、建築基準法などの法律用語としても使用されます。

リフォームの種類

現在のリフォームは大きく分けて以下の3種類に分類できます。

  • 1.修理・修繕が中心の考え方
  • 2.生活環境の変化に伴うもの
  • 3.生活の向上を目的にしたもの

(事項1)は、壁紙や外壁の汚れ、設備の故障など時間の経過と共に生じる劣化に対応する補修がこれにあたります。
(事項2)は、子どもの成長による増改築、二世帯住宅、高齢化によるバリアフリー対策などに対応したものがこれにあたります。
(事項3)は、さらに快適な住空間、よりよい暮らしを求めて行うものがこれにあたります。

リフォームといえば

リフォームといえば、老朽化した住まいを修理するというイメージがある方も多いのではないでしょうか?
しかし、老朽化したわけではなくても、住人の変化や生活スタイルの変化に対応したり、使いにくい設備をより良い設備に変えるといったものも立派なリフォームといえるでしょう。
最新の住宅機器や設備の入れ替え、インテリアや外装のグレードアップを目指して、そこで暮らす方の感性を満足させることもありますね。

目的を見失わない

リフォームをするときは、使い勝手が悪い、破損した箇所がある、取替えが必要なものがある。というタイミングで行います。失敗しないリフォームをするには、「目的」に沿って決めていくといいのですが、素材や設備を見て回るうち、デザインや機能に惑わされてくることがあり、結果的に「使い勝手の悪いリフォーム」をしてしまうことがあります。
それを防ぐには、まず目的を見失わないことが第一です。

それを助けてもらえるよう、信頼できるリフォーム業者や設計士に、「どうしたい」ということをきちんと伝えておくと良いようです。例えば、床であれば「大理石にしてみようかと思うんですが」と話すと、「目的はご両親が住みやすいバリアフリーで、万が一のことも考えて行うのですよね?」と軌道修正してもらえる可能性があります。

近隣の大工さんかリフォーム専門業者か

最初にリフォーム業者にはどんな種類があるのかですが、今でもおそらく一番利用頻度が高いのは近隣の工務店や大工さんになると推察できます。
これは、住宅を建てた時の業者であったり、ご近所であったりして、簡単に頼みやすいからです。
今でも小さいリフォーム工事は大工さんと思われる方も多いです。

使う素材を知っておく

リフォームを成功させるには、使う素材に対しても知っておくことです。
シックハウス 素材などで検索すればいろいろと出てくるでしょう。

以前は当たり前に使われていた素材でも健康被害を受けるものとして有名になったものも有ります。
昔から使われていたものだから安心ということではありません。特に化学製品がそれにあたるでしょう。

でも自然のものでもアレルギーを起こす方もいます。
家族にアレルギーがある方がいれば、それに対しても素材をよく調べておく必要があります。

リフォームの季節

リフォームには適した時期があります。
春先から夏場にかけてはリフォームのはおすめです。夏場は日が出ている時間が長いので職人の方も残業がしやすく、工期が短くて済むのです。
ご近所も暗くなっても作業をしているとトラブルになりやすいのですが、明るいうちなら理解もあるでしょう。

老朽化を外から改善

住宅のリフォームというと内側のことばかり考えがちですが、中は快適でも外が老朽化していては、将来心配になる要素となります。
中をきれいにするよりも、家を外の雨風から守ってくれている外壁を先に補修すべきだと思います。

外壁塗装工事をすれば建物を守ることができます。
暑さ対策であれば断熱できる工法でやってもらうと良いですし、天井部分の雨漏りを気にするなら防水工事をやってもらうのです。
それを行うことで暑い日差しから屋内の気温上昇を少しは防げます。
普段は冷房を入れなければ生活できなかった生活空間も断熱防水塗装をしてもらうことによって扇風機だけでしのげるようになったお宅も多いようです。

省エネ住宅にリフォーム

住宅リフォームでは省エネ住宅にするのも可能かと思いますが、日差しが差し込んで暑い部屋だと窓を壁にしたり、外側から日差しよけを取り付けるなどをするだけで、少しは暑さが凌げるかもしれません。省エネ住宅とは、エアコンに頼らなくても快適に済むことができそれによって電気代がかからないなど、節電もできる家のことだと思います。
外壁のリフォームでは工事にかかる期間や費用もかかるかもしれませんが、節電が可能ならやってみてもいいと思いませんか?

気になるお家の外壁塗装…信頼できる業者に依頼したい方、塗装を長持ちさせたい方、できるなら費用は安く抑えたい方へ。仙台市 太白区のヤブ原産業株式会社 仙台支店ではリフォーム塗装のプロが外壁塗装に最適・最良な塗料を選定します。また、長持ちするように塗り厚みを重視して塗装します。
お客さまにご満足いただける外壁塗装をめざして、施工前の打ち合せは最低でも4回致します。下地から防水、塗装、仕上げまで自社で一貫して行います。お見積り無料。お気軽にご相談ください。

外装・外壁工事

家の老朽化。怪我の可能性があるため、内装に関しての工事も大切です。特に床板のリフォーム。きしむことで老朽化が分かりますし、踏むと凹むというのなら床板がそこだけ抜けてしまうという可能性もあり怪我につながってしまうのです。

ただ、外装・外壁工事にも気を使って欲しいと思います。
外観が良くなることはもちろん、塗料が剥げることと亀裂が走ることで家自体がもろくなってしまうのです。
雨が染みこむようになれば中に入っている柱となる金属が腐食してしまいますよね?土台となる部分の腐食は最悪の場合建て直しをすることになってしまうのです。