女性向けサイトの研究レポ

女性がよく見るサイト

一般女性がどのようなサイトを見ているのかアンケート調査を行ったものがありました。
ほとんどがニュースサイトでした。
これは、一般ニュースからファッションのニュースまで幅広かったのですが、あくまでジャンルはニュースです。
ただコスメやファッションを紹介しているサイトは見られていないようです。
女性中心にサイトを作るとアクセスは低くなるかもしれませんね。

女性向けのホームページなら

シンプルなだけではなく、ショップやサイトで扱っている商品と似合いそうな女性が好きな絵を取り入れたいものです。
植物を扱っているのなら、その植物の写真を見ただけでも癒されます。
買わなくても度々訪れるようになり、セールや誰かのプレゼントの時期になると買ってくれる可能性があります。
女性は現実派だと言われていますが、ホームページに取り入れた絵によって癒されることもあります。
なんでもない風景でも心がなごむほどですので、ちょっとした事でも女性は嬉しいと感じるのです。

サイトデザイン、文章を可愛く

若い女性にとって、通常の文章はあまり好まれない傾向にあります。
ビジネスライクにホームページを作っていくと、どうしても堅い文章になってしまいますが、これを嫌うのです。
どこか親近感のあるサイト文章を好みますので、デザインから文章までを馴れ馴れしくないくらいまでのフレンドリーなものにしましょう。
文章に絵文字や顔文字を入れるのも良いですし、イラストを書くのが得意なのであれば、そうしたものを付け加えるのも良いと思います。
ただし、大人の女性には通用しませんので、ターゲットを絞っている時に限りますが。

可愛さを追求するあまり

ボタン等のデザインに凝り、動的な変化を付けると、デザイン的には魅力あるウェブサイトになるかもしれません。
しかし、本当にユーザーがそんな動作を望んでいるのかは疑問です。
また、ページ表示の読み込みが遅くなったり、クリック出来る箇所が分からなくなってしまうようでは本末転倒です。

女性向けキャッチコピー

女性は多数の言う事にとても敏感です。たとえば、何の興味もない男性の事を他の多くの女性が「カッコイイ」と噂していれば、なんだか興味が湧いくるのだそうです。
サイト内で一つの商品を紹介する場合、「私のおすすめはこの可愛いボールペンです。」と紹介するよりも、「友達に見せたらみんな可愛いって人気だったボールペンを紹介します。」とやったほうが興味が湧くのです。
女性をターゲットに考えているのであれば、こうした言葉のニュアンスの付け方を考えなくてはいけませんね。

女性にやさしい整体のホームページ