続・リフォームに思うあれやこれや

リフォームとは

リフォームとは何か、私たちは理解しているようで本当はよくわかっていないかもしれません。
「リフォーム」の他に「リニューアル」、「修繕」、「改修」、「リノベーション」など様々な言葉を耳にします。

いずれも快適な暮らしをするために住まいを直すという意味で用いられますが、「修繕」、「改修」は、建築基準法などの法律用語としても使用されます。

リフォームの種類

現在のリフォームは大きく分けて以下の3種類に分類できます。

  • 1.修理・修繕が中心の考え方
  • 2.生活環境の変化に伴うもの
  • 3.生活の向上を目的にしたもの

(事項1)は、壁紙や外壁の汚れ、設備の故障など時間の経過と共に生じる劣化に対応する補修がこれにあたります。
(事項2)は、子どもの成長による増改築、二世帯住宅、高齢化によるバリアフリー対策などに対応したものがこれにあたります。
(事項3)は、さらに快適な住空間、よりよい暮らしを求めて行うものがこれにあたります。

リフォームといえば

リフォームといえば、老朽化した住まいを修理するというイメージがある方も多いのではないでしょうか?
しかし、老朽化したわけではなくても、住人の変化や生活スタイルの変化に対応したり、使いにくい設備をより良い設備に変えるといったものも立派なリフォームといえるでしょう。
最新の住宅機器や設備の入れ替え、インテリアや外装のグレードアップを目指して、そこで暮らす方の感性を満足させることもありますね。

目的を見失わない

リフォームをするときは、使い勝手が悪い、破損した箇所がある、取替えが必要なものがある。というタイミングで行います。失敗しないリフォームをするには、「目的」に沿って決めていくといいのですが、素材や設備を見て回るうち、デザインや機能に惑わされてくることがあり、結果的に「使い勝手の悪いリフォーム」をしてしまうことがあります。
それを防ぐには、まず目的を見失わないことが第一です。

それを助けてもらえるよう、信頼できるリフォーム業者や設計士に、「どうしたい」ということをきちんと伝えておくと良いようです。例えば、床であれば「大理石にしてみようかと思うんですが」と話すと、「目的はご両親が住みやすいバリアフリーで、万が一のことも考えて行うのですよね?」と軌道修正してもらえる可能性があります。

近隣の大工さんかリフォーム専門業者か

最初にリフォーム業者にはどんな種類があるのかですが、今でもおそらく一番利用頻度が高いのは近隣の工務店や大工さんになると推察できます。
これは、住宅を建てた時の業者であったり、ご近所であったりして、簡単に頼みやすいからです。
今でも小さいリフォーム工事は大工さんと思われる方も多いです。

使う素材を知っておく

リフォームを成功させるには、使う素材に対しても知っておくことです。
シックハウス 素材などで検索すればいろいろと出てくるでしょう。

以前は当たり前に使われていた素材でも健康被害を受けるものとして有名になったものも有ります。
昔から使われていたものだから安心ということではありません。特に化学製品がそれにあたるでしょう。

でも自然のものでもアレルギーを起こす方もいます。
家族にアレルギーがある方がいれば、それに対しても素材をよく調べておく必要があります。

リフォームの季節

リフォームには適した時期があります。
春先から夏場にかけてはリフォームのはおすめです。夏場は日が出ている時間が長いので職人の方も残業がしやすく、工期が短くて済むのです。
ご近所も暗くなっても作業をしているとトラブルになりやすいのですが、明るいうちなら理解もあるでしょう。

老朽化を外から改善

住宅のリフォームというと内側のことばかり考えがちですが、中は快適でも外が老朽化していては、将来心配になる要素となります。
中をきれいにするよりも、家を外の雨風から守ってくれている外壁を先に補修すべきだと思います。

外壁塗装工事をすれば建物を守ることができます。
暑さ対策であれば断熱できる工法でやってもらうと良いですし、天井部分の雨漏りを気にするなら防水工事をやってもらうのです。
それを行うことで暑い日差しから屋内の気温上昇を少しは防げます。
普段は冷房を入れなければ生活できなかった生活空間も断熱防水塗装をしてもらうことによって扇風機だけでしのげるようになったお宅も多いようです。

省エネ住宅にリフォーム

住宅リフォームでは省エネ住宅にするのも可能かと思いますが、日差しが差し込んで暑い部屋だと窓を壁にしたり、外側から日差しよけを取り付けるなどをするだけで、少しは暑さが凌げるかもしれません。省エネ住宅とは、エアコンに頼らなくても快適に済むことができそれによって電気代がかからないなど、節電もできる家のことだと思います。
外壁のリフォームでは工事にかかる期間や費用もかかるかもしれませんが、節電が可能ならやってみてもいいと思いませんか?

気になるお家の外壁塗装…信頼できる業者に依頼したい方、塗装を長持ちさせたい方、できるなら費用は安く抑えたい方へ。仙台市 太白区のヤブ原産業株式会社 仙台支店ではリフォーム塗装のプロが外壁塗装に最適・最良な塗料を選定します。また、長持ちするように塗り厚みを重視して塗装します。
お客さまにご満足いただける外壁塗装をめざして、施工前の打ち合せは最低でも4回致します。下地から防水、塗装、仕上げまで自社で一貫して行います。お見積り無料。お気軽にご相談ください。

外装・外壁工事

家の老朽化。怪我の可能性があるため、内装に関しての工事も大切です。特に床板のリフォーム。きしむことで老朽化が分かりますし、踏むと凹むというのなら床板がそこだけ抜けてしまうという可能性もあり怪我につながってしまうのです。

ただ、外装・外壁工事にも気を使って欲しいと思います。
外観が良くなることはもちろん、塗料が剥げることと亀裂が走ることで家自体がもろくなってしまうのです。
雨が染みこむようになれば中に入っている柱となる金属が腐食してしまいますよね?土台となる部分の腐食は最悪の場合建て直しをすることになってしまうのです。

リフォームに思うあれこれ

リフォームを検討してみる

生活を改善するためにはリフォームを考えることもひとつの重要な手段だと考えます。
数年で家は劣化するものですし、それを直すのもこつこつやるのもよいでしょう。
しかし、時には思い切って一気にやってみたほうが有効かもしれませんね。

リフォームについて

家をリフォームするときどこで頼みますか?人の紹介、いつもやってくるリフォームの営業のお兄さん、それともインターネットで検索してみますか?なかなかどれがいいのか微妙なところではあります。一番どれが自分の探しているスタイルかじっくり検討しましょう。

湿度調整を考える

リフォームをする前に特に重要視しないといけないのがリフォーム作業の中でももっとも気を使う壁紙です。
壁紙の選択を間違えたり、通気性を無視して作るとすぐに接着剤が取れて大惨事になってしまいます。
こうした湿度管理を特に考えたほうがよいでしょう。

壁紙リフォームを大胆に

内装リフォームをする場合、多くの人が壁紙を貼り替えます。
壁紙はたくさんの種類がありますので、かなり迷うと思います。それで結局無難な白かベージュに落ち着くという人が多いのです。
大きく雰囲気を変えたいのであれば外国の住まいを参考にしてみると良いですよ。
しかし、テーブルなどの家具がその雰囲気に合うかどうかですが。

建築士とリフォーム

住宅リフォームをする場合にも建築士がデザインしてくれる場合があります。
今までの使いづらかった場所を使いやすく便利にする方法を教えてもらいましょう。
しかし、リフォームはあくまでも改装です。
元あった間取りが大きく変化するという事は無いという事も理解しておきましょう。

介護リフォーム助成金

介護が必要になったら、家に手すりをつけたりとリフォームが必要になってきます。
このリフォームは結構費用がかかりますので、悩まれる方も多いと思います。
介護リフォームに関して、助成金が使えますので、検討してみましょう。
工務店でも紹介してくれるはずですので、相談されるのが良いですね。

リフォームはかなりの選択肢を作ってくれます。

寒い室内を暖かくしてくれる方法もありますし、間取りを変えて部屋自体を広くすることもできます。
使いづらいキッチンを最新の使いやすいものに変え料理の時間を楽しくすることもできます。
リフォームはそこに住む人の願いを叶えることができるのです。

相続税が気になってきたあなたに…

その痛み、背中が原因かも!

背中はなかなか動かせていない場所

なぜ腰痛や肩こり、背中痛があるのでしょう?
それは、普段の生活の中で背中を動かすことがないからだと言われています。
日本人の体型の特徴として、お腹が前にせり出すというものがあります。
背中がS字になっていれば、姿勢としては正しく、常に意識していれば背中痛や腰痛、肩こりはありません。
日本人だけが感じるのが肩こりなどのこり症状。
姿勢の問題もあるのでしょうが、背中を意識したストレッチと運動を取り入れながら姿勢の強制をすると痛みもすぐに良くなるようです。

背中と肩を重点的にストレッチしたい

五十肩や肩こりを予防するなら、常に肩をほぐすストレッチをした方が良いと言われます。
肩のこりは疲労物質が溜まっている証拠で、それも流してあげなければなりません。
単にもみほぐすだけはなく、肩甲骨を意識しながらストレッチをすると、肩こりは予防できるのです。
また、背中を丸めて筋肉を伸ばすというストレッチもよく、皆さん間違えている動作は、背中を反らせてトントンと叩くことです。
逆に背中を丸めてあげる事で腰痛はだいぶ改善されます。

鏡を見ながらやってみよう

肩こりの解消につながると思うのですが、浴室に鏡があればそれを見ながらストレッチしてみましょう。
鏡があることで肩の骨や肩甲骨の動きがわかります。
全く動いている様子がないのであれば、「動かせてない」ということになります。
スポーツクラブや健康増進施設に鏡があるのは姿勢がどうなっているか、きちんと動けているかをチェックするためのものです。
あなたの容姿を見るためのものではありません。
鏡を上手く使ってストレッチをされてください。
肩は上下前後ろに動かすようにします。
動きは大きくゆっくりが基本です。

タオルを使って肩と肩甲骨を動かす

タオルはどの家庭にもあるものですが、それを使って肩の運動をし、肩こりの解消に繋がる方法があります。
これは教室でも教えているところがあるそうですが、タオルの端を両手で持って、前から後ろ背中の方に回す運動です。
端を持ってできるようになったらだんだんと持つ位置を近づけていき同じ動作をします。
これを日々繰り返し行なっていると肩と肩甲骨を動かすことになりますのでとても軽い運動ですが肩こりの解消に繋がるのです。

ひどい腰痛、肩こりを改善する旭川の整体サイト

女性向けサイトの研究レポ

女性がよく見るサイト

一般女性がどのようなサイトを見ているのかアンケート調査を行ったものがありました。
ほとんどがニュースサイトでした。
これは、一般ニュースからファッションのニュースまで幅広かったのですが、あくまでジャンルはニュースです。
ただコスメやファッションを紹介しているサイトは見られていないようです。
女性中心にサイトを作るとアクセスは低くなるかもしれませんね。

女性向けのホームページなら

シンプルなだけではなく、ショップやサイトで扱っている商品と似合いそうな女性が好きな絵を取り入れたいものです。
植物を扱っているのなら、その植物の写真を見ただけでも癒されます。
買わなくても度々訪れるようになり、セールや誰かのプレゼントの時期になると買ってくれる可能性があります。
女性は現実派だと言われていますが、ホームページに取り入れた絵によって癒されることもあります。
なんでもない風景でも心がなごむほどですので、ちょっとした事でも女性は嬉しいと感じるのです。

サイトデザイン、文章を可愛く

若い女性にとって、通常の文章はあまり好まれない傾向にあります。
ビジネスライクにホームページを作っていくと、どうしても堅い文章になってしまいますが、これを嫌うのです。
どこか親近感のあるサイト文章を好みますので、デザインから文章までを馴れ馴れしくないくらいまでのフレンドリーなものにしましょう。
文章に絵文字や顔文字を入れるのも良いですし、イラストを書くのが得意なのであれば、そうしたものを付け加えるのも良いと思います。
ただし、大人の女性には通用しませんので、ターゲットを絞っている時に限りますが。

可愛さを追求するあまり

ボタン等のデザインに凝り、動的な変化を付けると、デザイン的には魅力あるウェブサイトになるかもしれません。
しかし、本当にユーザーがそんな動作を望んでいるのかは疑問です。
また、ページ表示の読み込みが遅くなったり、クリック出来る箇所が分からなくなってしまうようでは本末転倒です。

女性向けキャッチコピー

女性は多数の言う事にとても敏感です。たとえば、何の興味もない男性の事を他の多くの女性が「カッコイイ」と噂していれば、なんだか興味が湧いくるのだそうです。
サイト内で一つの商品を紹介する場合、「私のおすすめはこの可愛いボールペンです。」と紹介するよりも、「友達に見せたらみんな可愛いって人気だったボールペンを紹介します。」とやったほうが興味が湧くのです。
女性をターゲットに考えているのであれば、こうした言葉のニュアンスの付け方を考えなくてはいけませんね。

女性にやさしい整体のホームページ